HOME > 災害時のトイレ事情

災害時のトイレ事情

災害時のトイレ問題

和式トイレにイスを設置 震災が起きると、断水や停電、そして下水道や浄化槽の損壊により、多くの水洗トイレは使えなくなります。水洗トイレが使用できないことに気付かず使ってしまうと、便器はあっという間に大小便で一杯です。トイレの衛生環境が悪化し、感染症の温床になります。これは、自宅、事業所、避難所、いずれにおいても同様です。

 トイレが不衛生で不快な場合だけでなく、トイレが遠い、寒い、暗い、怖いなど、使い勝手が悪いと私たちはトイレに行く回数を減らすために、水分や食事を控えてしまいがちです。その結果、脱水症状になるほか、慢性疾患が悪化するなどして体調を崩し、エコノミークラス症候群や脳梗塞、心筋梗塞で命を落とすことにもなります。

仮設トイレはすぐに来ない

図:仮設トイレが行き渡るのに要した日数(調査:名古屋大学エコトピア科学研究所、協力:日本トイレ研究所) 避難所トイレとして思い浮かぶのは、仮設トイレです(写真上)。では、東日本大震災のとき、仮設トイレが避難所に行き渡るのにどのくらいの日数を要したのでしょうか?岩手県、宮城県、福島県の特定被災地方公共団体の29団体から得られたアンケート結果(図1)によると、3日以内は34%でした。一方で8日以上は49%でした。私たちは、仮設トイレがすぐに配備されると思いがちですが、この結果から分かるように、すぐには来ません。事前の備えがいかに重要かが分かります。ここでの備えは、簡易的な災害用トイレの備えとマンホールトイレのような設備的備えの両方を意味します。

 さらに、仮設トイレの多くは、建設現場を主目的として開発されたものです。そのため、子どもやお年寄りまで、さまざまな人が使用する避難所トイレとしてふさわしくありません。洋式が少ない、段差がある、狭い、暗い、施錠が特殊だなどです。被災者のことを考えた災害用トイレの整備が必要です。

  • 災害用トイレガイドとは
  • 災害時のトイレ事情
  • 災害用トイレの選び方Q&A
  • 災害用トイレの特徴
  • 自治体のトイレ対策例