HOME > 災害用トイレ製品一覧

災害用トイレ製品一覧

時間経過や被災状況に合わせて組み合わせる

時間経過や被災状況に合わせて複数タイプの災害用トイレを組み合わせて使うことで、トイレを切れ目なく確保することが必要です。
発災直後は携帯トイレ・簡易トイレを建物内のトイレに取り付けることが必要である。次にマンホールトイレが整備されていれば、それを準備する。そして仮設トイレ等を調達することが望ましい。
(内閣府防災『避難所におけるトイレの確保管理ガイドライン』より)

時間経過や被災状況に合わせて組み合わせる
災害対応型常設トイレ  災害対応型便器 マンホールトイレ 仮設トイレ(組立型) 携帯トイレ 簡易トイレ 仮設トイレ 車載トイレ 自己処理型トイレ

地域全体で災害用トイレを備える

災害用トイレを備えるにあたり、災害用トイレを備える場所を決めてください。
例:避難所(学校、公民館など)、役所、公共施設、駅、公園、福祉施設、病院、事業所(事務所、工場など)、商業施設、住居(中高層マンション、戸建て住宅)等、備蓄・調達といった特性を元に、どのようなトイレの備えを予定するか、ご検討ください。

地域全体で災害用トイレを備える
携帯トイレ 簡易トイレ 災害対応型便器 衛生関連製品 自己処理型トイレ 仮設トイレ(ボックス型/組立型) マンホールトイレ(下水道接続型/便槽貯留型)

携帯トイレ

断水や排水不可となった洋式便器等に設置して使用する便袋(し尿をためるための袋)を指します。

ページトップへ

簡易トイレ

し尿を単に溜めるタイプ、し尿を分離して溜めるタイプ、電力を必要とするタイプがあります。

ページトップへ

マンホールトイレ(上屋)

マンホールの上に設置するパネル型、テント型などのトイレ室のことを指します。

ページトップへ

マンホールトイレ(下部構造)

地上部の上屋、便器・便座に対し、鉄蓋を境にした地下部分を指します。

ページトップへ

自己処理型トイレ

し尿処理装置がトイレ自体に備わっているトイレです。

ページトップへ

災害対応型常設トイレ

災害時にもトイレ機能を継続させるため、災害用トイレを備えた常設型の水洗トイレのことを指します。

ページトップへ

衛生関連製品

感染予防目的とした製品や、臭気対策、個人防護具、清掃用品、衛生教育ツールなどがあります。

ページトップへ

その他

その他

ページトップへ