どこでもトイレプロジェクト「建設現場、快適トイレフォーラム」

 国土交通省では、建設現場を男女ともに働きやすい環境とする取り組みの一環として、男女ともに快適に使用できる仮設トイレを「快適トイレ」と名付け、2016年8月に標準仕様を公表しました。実際の現場への導入も、昨年10月から進んでいます。
 日本トイレ研究所は2017年3月にフォーラムを開催し、快適トイレを普及するための建設現場におけるトイレ環境改善に関する取り組みを共有しました。ここでは、建設現場における快適トイレの方向性について意見交換を行い、「快適トイレの標準仕様に合致していることが分かるマーク」と「建設業者が快適トイレを選ぶことができるリスト」の作成が今後の課題として挙げられました。
 今回のフォーラムでは、快適トイレの今後の展望を共有するとともに、「快適トイレ認定マーク」と「快適トイレ問合せ先リスト」について発表いたします。また、快適トイレを普及・推進していく方向性や、災害時やイベント時のトイレへの波及効果などについて参加者を交えて意見交換を行いたいと思います。


<<開催概要>>
【日 時】2017年6月27日(火)10:00~12:00(9:30開場)
【会 場】Forum S + 西新橋
     〒105-0003 東京都港区西新橋2-8-11 1階
【最寄駅】都営三田線「内幸町」駅 徒歩5分
     JR「新橋」駅 徒歩7分
【主 催】特定非営利活動法人日本トイレ研究所
【参加費】無料(定員に達し次第、締め切らせていただきます)


<<プログラム>>
10:00  開会
10:10  建設現場における「快適トイレ」の導入状況と今後の展開
     桝谷有吾(国土交通省大臣官房技術調査課 事業評価・保全企画官)
10:30  「快適トイレ認定マーク」と「快適トイレ問合せ先リスト」の発表
     加藤 篤(特定非営利活動法人日本トイレ研究所 代表理事)
10:50  【意見交換】快適トイレの普及に向けて
     パネリスト:桝谷 有吾(国土交通省大臣官房技術調査課 事業評価・保全企画官)
           須田久美子(鹿島建設(株)土木管理本部土木企画部
                 ダイバーシティ推進担当部長)
          ほか
    進 行:加藤 篤(特定非営利活動法人日本トイレ研究所 代表理事)
12:00  閉会

※敬称略
※プログラムは一部変更する場合がありますのでご了承下さい

申込書(Word)

申込書(PDF)