世界トイレの日 11.19 WORLD TOILET DAY

災害に備えるマンホールトイレシンポジウム

 11月19日は2013年の国連総会において定められた「世界トイレの日」です。 世界には衛生的なトイレにアクセスできない人が約25億人もおり、不衛生な 生活環境が原因で毎年多くの子どもたちが命を落としています。
 一方で、日本においても災害時のトイレ機能の確保は、命と尊厳にかかわる 重要な課題となっています。そんな中、東日本大震災において、東松島市の避難所に 整備されていたマンホールトイレが発災後の比較的早い段階から使用され、悪臭もなく好評であったと報告されています。
 そこで、本フォーラムでは、被災時においても快適で衛生的な生活環境を守るには どのようなトイレ環境が必要かを、医療現場や避難所現場から学びます。また、女性視点 による“使いたいと思うマンホールトイレ”を具体化するため『マンホールトイレ整備・運用ガイドライン』を 発表すると同時に、私立目黒星美学園中学高等学校(東京)の女子生徒とのコラボレーションで 「マンホールトイレの望ましい空間」を提案します。これら実践的取り組みをとおして、 マンホールトイレの改善と普及を推進し、災害時のトイレ環境の向上を目指します。


<<開催概要>>
【日時】2015年11月19日(木)13:00~16:40
【会場】日本科学未来館 7F 未来館ホール
    〒135-0064 東京都江東区青海2丁目3番地6号
【主催】国土交通省 水管理・国土保全局 下水道部
【事務局】特定非営利活動法人 日本トイレ研究所
【参加費】無料
【定員】250名程度
詳細はこちら
【申込方法】ページ下に記載
<<プログラム>>
13:00  主催者あいさつ
塩路 勝久(国土交通省水管理・国土保全局 下水道部長)
13:10  【報告】東日本大震災で実証されたマンホールトイレ ~被災経験から学ぶ~
小田島 毅(東松島市建設部下水道課長)
13:50  【提案】女子視点でのマンホールトイレの提案 ~使いたいと思えるトイレ~
亰 百合子(目黒星美学園中学高等学校 教諭)
竹田 由実(国土交通省水管理・国土保全局 下水道部)
14:40  【講演】災害現場に求められる大切なこと ~トイレはライフライン~
秋冨 慎司(防衛医科大学校 救急部 講師)
15:40  【パネルディスカッション】災害時にも安心できるマンホールトイレの普及に向けて
発 表  「マンホールトイレ整備・運用ガイドライン」
      (国土交通省水管理・国土保全局 下水道部)
パネリスト
秋冨 慎司(防衛医科大学校 救急部)
小田島 毅(東松島市建設部下水道課)
亰 百合子(目黒星美学園中学高等学校 教諭)
茨木 誠、 竹田 由実(国土交通省水管理・国土保全局 下水道部)
進行  加藤 篤(特定非営利活動法人日本トイレ研究所)

◆お申し込み◆

【方法】
申込書に①氏名 ②所属先 ③メールアドレス ④電話/FAX番号 をご記入の上、FAXまたはメール にてお申し込みください。
※件名に「1119マンホールトイレシンポジウム申込」とご記載ください。
お申込書(PDF)
【申込先】
特定非営利活動法人 日本トイレ研究所『シンポジウム事務局』
メール: web_ml@toilet.or.jp
FAX: 03-6809-1412