いいうんち研究所について

いいうんち研究所は、“いいうんちづくり”を通して、子どもの健康をサポートすることを目的としています。具体的には、うんちと健康の関係や正しいトイレの使い方、トイレと環境の関わりなどについて情報発信していきます。

うんちは健康のバロメーターで、うんちをつくりだす腸内環境をいい状態で維持することは病気予防に効果的です。うんちの状態は、食事内容や生活習慣はもちろんのこと、ストレス、運動不足とも関係しており、最近では便秘の低年齢化や大腸がんの増加などが問題視されています。

そこで、腸内常在菌研究、つまり、うんちの研究の第一人者である辨野義己先生(理化学研究所、農学博士)にいいうんち研究所の顧問に就任いただきました。辨野先生には、うんちや腸内環境を知ることの大切さや、快腸生活をおくるためのポイントなどについて、教えていただく予定です。

いいうんちづくりを目指して、情報発信していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

日本トイレ研究所