観光地における公衆トイレ改善計画の作成業務

どんなに素晴らしい観光地でも、トイレが不快だと、すべてが台無です。観光地としての満足度の向上とリピーターを増やすうえで、トイレの改善は重要なテーマです。観光客に旅の安心を提供するためのトイレ改善計画の作成を支援します。

業務の背景とねらい

観光地トイレは、観光客に旅の安心と快適性を提供することが求められます。
少子高齢化が進み、外国人観光客が増えることにより、トイレに求められるニーズも一層多様化します。
親子三世代や障がい者の旅行も増えてくると考えられ、ユニバーサルデザインを取り入れたトイレ整備は緊急の課題です。
観光地におけるトイレに対する取り組みとしては、利便性、快適性、維持管理性、ピーク対応、防犯・安全性、環境配慮など、様々なテーマがあります。これらを基本として、他の地域の先進事例等を参考にしながら、当該地域にふさわしいトイレ対策を検討し、地域の観光力の向上に貢献します。

業務の背景とねらい

基本方針・視点

観光客のトイレに対する意識調査や利用実態調査を行い、現状の問題・課題を整理します。他地域の事例も調査し、当該地域に取り込める要素について検討します。清掃・維持管理に対する強化策としては、トイレ広告の可能性やトイレの有料化も含めた検討を行います。また、地域商店会等の団体や地域住民と連携して、清掃やトイレマップ作りなどに取り組むことも効果的です。これらの活動をユニークな観光戦略として、地域の内外に情報発信することも重要と考えます。以上の内容を踏まえて、新たな観光地トイレ対策としての計画づくりをサポートします。

基本方針・視点