トイレに、愛を。フォーラム2017

◆定員につきお申込みは締め切らせていただきました◆

なお、既にお申込み済の方は、欠席の場合は必ず事前にご連絡をお願いします。

 みなさんは公共トイレにどのようなイメージを持っていますか?2020年、東京オリンピック・パラリンピックが開催されるにあたり、世界各国から多くの方々が来日します。日本のトイレは、障がいの有無や文化、宗教、慣習等に関わらず、すべての人が安心して利用できるのでしょうか?
 そこで、今回は「公共トイレ」をテーマに掲げ、オリンピックイヤーである2020年に向けて公共トイレの進化の可能性を模索します。
 また、昨年に引き続き「日本トイレひと大賞(別紙)」でトイレ環境や排泄をとおして社会が抱えている課題に取り組む「ひと」も併せて発表します。



詳しくみる(チラシ PDF・1,2MB)

≪開催概要≫
【日 時】2017年11月11日(土)14:00~17:50
【会 場】豊島区役所 5階会議室 507~510
     〒171-8422 豊島区南池袋2-45-1
     http://www.city.toshima.lg.jp/chosha/access.html
【主 催】特定非営利活動法人日本トイレ研究所
【協 力】豊島区
【参加費】無料(定員になり次第、締め切らせていただきます)


≪トイレとまち見学≫
11:30 東京トイレさんぽ!~池袋編~
    池袋のまちを散歩しながらトイレをチェックします。
    ※定員30名になり次第、締め切らせていただきます。
    ※詳細はご参加者に追ってメールをお送りします。

≪フォーラムプログラム≫
14:00  開会挨拶】
    加藤 篤(特定非営利活動法人日本トイレ研究所 代表理事)
    高野之夫(豊島区長)
14:20  パブリックトイレ大改造
    高野 之夫(豊島区長)
14:40  バリアフリートイレの新たな考え方
    長井 総和(国土交通省総合政策局安心生活政策課長)
15:00  防災機能強化のための公立学校施設トイレ整備支援事業
    新田 智哉(東京都教育庁地域教育支援部義務教育課長)
15:20  トイレをきっかけにパブリックを考える
    冨永 美保(トミトアーキテクチャ 建築家)
15:40  意見交換
16:20  休憩
16:30  第2回 日本トイレひと大賞 発表
17:50  閉会

※敬称略
※プログラムは一部変更する場合がありますのでご了承下さい