Internet of Toiletフォーラム

◆定員につきお申込みは締め切らせていただきました◆

なお、既にお申込み済の方は、欠席の場合は必ず事前にご連絡をお願いします。

 この度、日本トイレ研究所では、ITやAIを活用して未来のトイレを創造する場として、下記プログラムでフォーラムを開催します。
 外出時に安心して使用できるトイレ環境を整備するためには、トイレ情報の整備が必要です。健康づくりを考えるうえで、排泄は貴重な基礎データになります。本フォーラムが、トイレ・排泄に関する技術や取り組みを連携・融合するためのきっかけづくりの場になれば幸いです。


<<開催概要>>
【日 時】2017年6月23日(金)14:00~17:30(13:40開場)
【会 場】FUJITSU Knowledge Integration Base PLY
     〒144-8588 東京都大田区新蒲田1-17-25
【最寄駅】JR京浜東北線、東急多摩川線、東急池上線「蒲田駅」南口 徒歩6分
【主 催】NPO法人日本トイレ研究所
【協 力】富士通株式会社
【参加費】無料(定員70名に達し次第、締め切らせていただきます)


<<プログラム>>
14:00  開会
14:15  バリアフリートイレの新たな考え方~機能分散と情報提供~
    長井総和(国土交通省総合政策局安心生活政策課長)
14:45  腸内細菌叢の解析で人々を健康に
    沢井 悠(株式会社サイキンソー代表取締役)
15:15  休憩
15:25  オストメイトマップによるバリアフリーの試み
    神戸 翼(NPO法人エムアクト代表理事)
15:55  尿糖値を手軽に検査する試み
    中川 洋(株式会社富士通九州システムサービス)
16:25  赤ちゃんの便秘チェックアプリの開発
    NPO法人日本トイレ研究所
16:25 【意見交換】未来のトイレ環境を考える
17:30  閉会

※敬称略
※プログラムは一部変更する場合がありますのでご了承下さい

詳しくみる(PDF)