HOME > 災害用トイレ製品一覧 > 災害用トイレ製品紹介 > 災害用トイレ配管システム

災害用トイレ製品紹介

製品写真1

  • 製品写真1
  • 製品写真2
  • 製品写真3

製品名:災害用トイレ配管システム

特徴
①東日本大震災(東松島市)において20日間以上の利用実績があります。
②耐震化済み等、下水道管路が被災しない想定の直結式と下水道管路の被災を想定し、汚水と洗浄水を3日間貯留できる直結貯留式の2方式からご選択いただけます。
③トイレ下部に使用するマンホールは、曲管等ラインナップが豊富で軽量・コンパクト。直線管路のみでなく、曲線管路や狭小地への設置が可能です。
④砕石による埋戻しを行うことにより、液状化対策が可能です。
⑤使用頻度に応じて排水量を設定できるため、水を節約できます。
本管接続の有無
基準使用人数300人(トイレ3基)
500人(トイレ5基)
1,000人(トイレ10基)
貯留槽寸法Ⅰ型(300人仕様、貯留量2.3t)
幅1100mm×長さ1900mm×高さ1760mm
Ⅱ型(500人仕様、貯留量3.9t)
幅1400mm×長さ2400mm×高さ1765mm
Ⅲ型(1000人仕様、貯留量7.7t)
幅1530mm×長さ3330mm×高さ2305mm
マンホール数直結式の場合
Ⅰ型(300人仕様):4基(仮設トイレ用3基、洗浄水槽用1基)
Ⅱ型(500人仕様):6基(仮設トイレ用5基、洗浄水槽用1基)
Ⅲ型(1000人仕様):11基(仮設トイレ用10基、洗浄水槽用1基)
直結貯留式の場合は、上記基数に1基(貯留槽用)追加
初期水貯留量初期水貯留の必要なし。500人仕様の場合、洗浄水槽より2時間毎に洗浄水80Lを流して排水する。
設置場所の目安学校、公園、商業施設、マンション
耐液状化工法砕石による埋戻しを行うことにより、液状化対策が可能です。
耐地震度レベル2に対応(システム全体)
問合先株式会社クボタケミックス Kubota ChemiX Co.,Ltd.
TEL: 03-5695-3274 FAX: 03-5695-3185
E-mail: kc_g.jp.www.info@kubota.com
URL http://www.kubota-chemix.co.jp/
備考
水道、下水、建築設備、その他分野向けに、塩ビ管・継手、ポリオレフィン管・継手および関連製品の製造、販売を事業としています。
災害対策分野では、災害用トイレ配管システムのほか、災害断水時に備えて新鮮な飲料水を備蓄可能な「貯めてるゾー」を品揃え。これら製品等のご提供を通じて、社会に貢献してまいります。

災害用トイレ一覧に戻る >>