災害時のトイレ問題大検証。

防災トイレサミット2014

災害時のトイレの問題を真剣に考えている人がどれだけいるでしょうか? 停電や断水が起きれば、多くのビルやマンションでは、トイレが使えなくなります。 水を汲んできて流せばいいと考えている人もいるかもしれませんが、排水先である配管や浄化槽が壊れていたら、安易に水を流してしまうと大変なことになります。 仮にトイレが使えないなら、そのことを他の入居者に伝えなくてはいけません。 簡易トイレがあれば大丈夫でしょうか? 実際に簡易トイレを使ったことはありますか? 汚物はどう保管しますか? 誰かが処理してくれますか? 停電で暗い中でも、使えるような工夫がありますか? 防災計画や事業継続計画がしっかりしていても、トイレが使えなければ、どんな立派な内容も役に立ちません。 問題の本質は、一人ひとりに、どうにかなるという「正常性バイアス」が働き、さらに、羞恥心やプライバシーの問題から全体の問題としてしっかり提起されてこなかった点にあります。 今回のサミットで、災害時に誰もが最も困るトイレの問題を皆で真剣に考えてみませんか? そのことで、これまで見えてこなかった防災やBCPの様々な問題にきっと気付くはずです。
たくさんの方に、このイベントをご案内していただけると幸いです。


≪実施概要≫

【期日】
2014年12月11日(木)10:30~16:00(受付開始10:00~)
【会場】
四谷区民ホール(〒160-8581 東京都新宿区内藤町87番地)
【主催】
新建新聞社リスク対策.com編集部
【共催】
NPO法人日本トイレ研究所
【定員】
450人(先着)
【参加費】
無料(事前登録制)
【資料】
3000円(希望者のみ/防災トイレ計画付)
 
≪講師≫
加藤  篤 氏(NPO法人日本トイレ研究所 代表理事 )
田中 美咲 氏(防災ガール代表 )
中野 明安 氏(丸の内総合法律事務所パートナー弁護士 )
菅原 えりさ氏(東京医療保健大学大学院感染制御学准教授 )
安部 俊一 氏(よこすか海辺ニュータウン連合自治会会長 )
岡本 誠治 氏(プルデンシャル生命保険株式会社リスク管理チーム)
鎌田 修広 氏 (株式会社タフ・ジャパン 代表取締役 )

⇒詳しく見る