トイレに、愛を。フォーラム2014

東京オリンピック・パラリンピックを舞台に、
日本のトイレが進化する。

当研究所では、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを契機に、だれもが外出しやすい社会の実現を目的として「世界をもてなすトイレプロジェクト2020」をスタートします。 車椅子ユーザー、盲導犬ユーザー、ベビーカーユーザー、オストメイト、LGBT、外国人、高齢者など、様々な方々のトイレに対する声を集め、トイレ環境の改善につなげたいと考えております。 是非、皆様のご参加をお待ちしています。


≪実施概要≫

【期日・会場】
2014年 11月15日(土)大正大学 7号館3階731教室
    11月16日(日)東京大学 医学部教育研究棟13F第6セミナー室
【主催】
特定非営利活動法人日本トイレ研究所
【協力】
大正大学、東京大学
【参加費】
15日(土)会員無料、非会員1,000円
16日(日)会員無料、非会員1,000円
※フィールドワークは定員に達したので締め切りました
 
≪プログラム≫
■15日(土)
12:30 開場
13:00 開会あいさつ
13:10 応援メッセージ 谷口 博昭(一般財団法人国土技術研究センター理事長)
13:30 【トイレトーク】 世界をもてなすトイレプロジェクト2020
     「だれもが使いやすいトイレをめざして、声をあつめよう!」
     〔パネリスト〕
     小山恵美子 (NPO法人フットルース理事・アイメイト(盲導犬)ユーザー)
     今野 英樹 (車椅子アスリート)
     フラマン・ピエール (柔道元フランス代表/日本サニテーションコンソーシアム)
     村木 真紀 (特定非営利活動法人虹色ダイバーシティ代表)
     岡山 朋子 (大正大学人間学部人間環境学科准教授)
     〔コメンテーター〕
     神馬 征峰 (東京大学大学院国際地域保健学教室教授)
16:00 閉会
 
■16日(日)
09:30 集合
10:00 【フィールドワーク】 東京トイレさんぽ! (定員20名)
     ※フィールドワークは定員に達しましたので募集を締め切らせていただきます※

     根木慎志さん(車椅子ユーザー)、小山恵美子さん(アイメイト〈盲導犬〉ユーザー)と
     一緒に、まち歩きをしながら「トイレチェック」を行います。
     案内してくれるのは、須藤ほつみさん(ギャラリーオーナー)です。おしゃべりしながら、
     楽しく歩きましょう!
12:30 会場
13:00 開会
13:10 【基調講演】 パラリンピックの魅力と開催国に求められる街づくり
     根木慎志(日本パラリンピアンズ協会副会長、
          シドニーパラリンピック・男子車椅子バスケットボール日本代表)
     車椅子バスケットボールをとおして、障害者スポーツとパラリンピックの魅力
     についてお話し頂きます。また、2020年東京オリンピック・パラリンピックの
     開催国として、日本はどのような街づくりや人づくりを目指すべきかについても
     触れていただきます。
14:20 【ディスカッション】 
    〔パネリスト〕
    田中 一雄(日本インダストリアルデザイナー協会理事長)
    小山恵美子(NPO法人フットルース理事・アイメイト(盲導犬)ユーザー)
    田村  努(環境省自然環境局 自然環境整備担当参事官室補佐)
    根木 慎志(日本パラリンピアンズ協会副会長)
16:00 終了
※プログラムは一部変更する場合がありますのでご了承下さい。

詳しくみる(PDF・0.1MB)

◆お申し込み◆

【FAX】
03-6809-1412お申し込み用紙(PDF・5KB)
【メール】
ご氏名、ご所属、メール連絡先、電話番号をこちらからご連絡くだしさい。
≪交通アクセス≫
  • ■大正大学7号館731教室(東京都豊島区西巣鴨3-20-1)
  • ・都営地下鉄三田線・・・・「西巣鴨」駅下車 徒歩2分
  • ・JR埼京線・・・・・・・「板橋」駅東口下車 徒歩10分
  • ・都電荒川線・・・・・・・「新庚申塚」駅または「庚申塚」駅下車 徒歩7分

  • ■東京大学医学部教育研究棟13F第6セミナー室(東京都文京区本郷7-3-1)
  • ・東京メトロ丸の内線・・・・「本郷三丁目」駅 徒歩8分
  • ・都営大江戸線・・・・・・・「本郷三丁目」駅 徒歩6分