防災トイレフォーラム2014

【ライブ配信】


下記のリンクより、フォーラムの様子をライブ配信いたします。当日のご参加が難しい方など、是非ご覧ください。
インターネットに接続されたパソコン、スマートフォンや携帯電話などYouTubeを視聴可能な環境でご覧いただけます。

■ライブ配信サイト



※フォーラム当日の映像は後日再び配信する予定です。

~避難所、病院、企業等におけるトイレ運用計画の作成を目指す~

 劣悪なトイレ環境は、一人ひとりの健康を害し、感染症の温床にもなります。 しかし、日常的にあまり話題にならないトイレは、事前の対策が進まず、これまでの震災においても深刻な状況をもたらしました。 トイレを我慢することは、飲食を控えることにつながり、脱水症状や慢性疾患の悪化、エコノミークラス症候群、脳梗塞、心筋梗塞など、心身に悪影響をもたらします。 このままでは、災害時のトイレ問題は震災の度に繰り返すばかりです。備えも支援も、トイレ・水・食料とセットで考えるべきです。
 本フォーラムでは、避難所、病院、企業、中高層住宅などにおいて「災害時のトイレ運用計画」を作成することの必要性を提案します。 トイレなくして、生活も事業活動も成り立ちません。地域の衛生インフラである汚水処理分野、避難所となる学校の施設・教育分野、人の命に直結する医療・看護分野、地域の健康を担う保健分野、そして、災害対策を取りまとめる防災分野など、様々な分野の方々の連携が必要になります。 本趣旨をご理解頂き、多くの方々にご参加頂けることを願っています。

①災害時のトイレ問題の所在を明確にし、トイレ対策の重要性を周知する
②発災直後のトイレ対応の重要性を周知する
③多分野が連携し、災害時のトイレ運用計画の作成・普及を目指す

*本フォーラムは、日本科学未来館で開催される企画展『トイレ?行っトイレ!~ボクらのうんちと地球のみらい』の関連イベントです。


≪実施概要≫

【日時】
2014年7月5日(土)
【場所】
日本科学未来館 7階 未来館ホール※会場が変更になりました※  
〒135-0064 東京都江東区青海2丁目3番地6号
アクセスマップ
【主催】
NPO法人日本トイレ研究所
【後援(予定)】
内閣府(防災担当)、文部科学省、国土交通省、厚生労働省、環境省関東地方事務所
【参加費】
無料
 
≪プログラム≫
12:30
受付
 
13:00
開会あいさつ
上 幸雄(特定非営利活動法人日本トイレ研究所)
 
■提案
13:05
[医 療] 医療・災害現場から見たトイレの重要性
・秋冨 慎司(岩手県医科大学付属病院・医師)
ライフラインであるトイレは、水・食料とセットに支援すべきである。東日本大震災では、岩手県災害対策本部・医療班として支援活動にあたった。トイレ衛生対策を徹底するためのチーム・ネットワークづくり、マニュアルづくり、支援のシステムづくりの必要性を提案する。
 
13:45
[救助・支援] 災害時における自衛隊の能力活用
・中澤 剛(防衛省 防衛研究所主任研究官)
自衛隊は侵略に対し国の平和と安全を守ることを主任務としているが、国内外での人道支援/災害救援も現代における主要な任務の一つである。自衛隊の保有する専門的スキルと機動力、組織力を最大限に引き出すため、平時からの地域防災機関等との連携のあり方について紹介する。
 
14:25
休憩
 
14:30
[保健・衛生] 避難所での保健・公衆衛生に求められるトイレ環境
・中瀨克己(岡山大学医療教育統合開発センター・教授)
避難所、被災地での衛生を保つには、トイレに関連する環境衛生の確保と、適切に利用できるための支援が不可欠である。日頃から地域住民の健康を担う保健師は、避難所における衛生改善の調整やトイレ使用に困難がある避難者の支援を行った。また屎尿の衛生的な管理、廃棄は公衆衛生上の課題であり環境衛生監視員の行った業務についても紹介する。
 
15:10
[看 護] 災害支援看護として考えるトイレ排泄ケア
・小原 真理子(日本赤十字看護大学教授)
災害時におけるトイレ排泄ケアは、被災者支援の基礎となる。災害時要援護者へのケアや災害関連死を防ぐためにも不可欠な要素である。災害支援看護師に期待されるトイレ排泄ケアの役割と、そのために必要なスキルを提案する。
 
15:50
休憩
 
■提案
16:00
『災害時トイレ運用計画(仮称)』の提案 ~トイレは命にかかわる~
進行:特定非営利活動法人日本トイレ研究所 加藤 篤
トイレ対応は、時間経過に伴うニーズの変化、場所(勤務先、外出時、自宅等)や被災状況により対応方法が異なる。ここでは、各組織・団体における災害時トイレ運用計画のあり方及び立案の必要性を提案する。
 
16:55
閉会

詳しくみる(PDF・0.1MB)

◆お申し込み◆

【FAX】
03-6809-1412お申し込み用紙(PDF・5KB)
【メール】
ご氏名、ご所属、メール連絡先、電話番号をこちらからご連絡くだしさい。
交通アクセス
  • ●新交通ゆりかもめ「船の科学館駅」徒歩約5分               
             「テレコムセンター」徒歩約4分
  • ●東京臨海高速鉄道りんかい線「東京テレポート駅」徒歩約15分
  • ●都営バス「日本科学未来館」徒歩約1分


  • ◇日本科学未来館企画展『トイレ?行っトイレ!~ボクらのうんちと地球のみらい』◇

    日常生活から地球環境にいたるまで多様な視点からトイレを見つめ直す企画展が7月2日(水)より日本科学未来館1階企画展示ゾーンaにて開催されます。日本トイレ研究所は、エリア5「みんなが幸せになれるトイレって?」で紹介される災害時におけるトイレや学校のトイレにまつわる問題について展示協力を行っています。
    詳細は、日本科学未来館HPをご覧ください。