フォーラム開催概要

「下水道展’12神戸」参加企画 『災害時トイレ・下水道連携フォーラムin神戸』 (関連事業「災害時トイレ・下水道屋外展示会」)

日時
2012年7月27日(金)
(展示会:26日~27日 10時~17時)
会場

神戸市国際会議場 501会議室

(展示会:1,2号館と3号館の間の屋外通路スペース)

神戸市中央区港島中町6-9-1

 TEL.078-302-5200

テーマ
“災害時のトイレと下水道のいい連携をつくる”
主催
NPO法人日本トイレ研究所
後援(予定)
国土交通省、日本下水道協会、神戸市
協力
日本サニテーションコンソーシアム
参加費
無料

プログラム

10:00 開会

10:20 〔事例報告〕“東日本大震災での災害時トイレ事情”

     加藤 篤(NPO法人日本トイレ研究所代表理事)

10:50 〔基調トーク〕“下水道環境教育で災害時のトイレをどう伝えるか”

     小澤紀美子(東海大学教授、こども環境学会会長)

11:40 休憩

12:20 『災害時トイレ・下水道展示会場』(屋外展示スペース)見学

12:40 〔研究集会報告〕“災害時のトイレ確保と下水道の役割”レポート

     栗原 秀人(NPO21世紀水倶楽部)

13:10 〔行政報告〕“下水道BCPにおける災害時トイレへの対応策”

     吉澤 正宏(国土交通省水管理・国土保全局下水道部下水道事業課企画専門官)

13:40 〔技術・実践報告〕“トイレ・下水道連携の実現に向けて”

     ①災害時トイレ確保に向けた下水道BCP策定―横浜市の事例

     吉岡 直樹(横浜市環境創造局下水道事業調整課課長補佐)

14:10  ②公共下水道接続型トイレの整備・普及-神戸市の事例

     山地 健二(神戸市建設局下水道河川部計画課課長)

14:40 休憩

14:50  ③災害用トイレメーカーからの報告

      (株)神田製作所 他

15:20 〔パネルトーク〕“災害時トイレ・下水道連携に向けて”

     斎野 秀幸(国土交通省管理・国土保全局下水道部下水道企画課)

     山地 健二(神戸市建設局下水道河川部計画課課長)

     小澤紀美子(こども環境学会会長)

     森田 昭(一般財団法人日本環境衛生センター)

     (進行)上 幸雄(特定非営利活動法人日本トイレ研究所

16:40  閉会

 *プログラムは一部変更する場合がありますのでご了承ください。

 

■開催にあたって

 災害時のトイレ下水道展のトイレ・下水道問題に対して両分野が連携して課題解決に向けフォーラムを開くことになりました。ここでは、災害時に下水道施設が停止した際に、トイレ機能を確保し、し尿を適正に処理するためのトイレと下水道の相互の連携方策について、技術、政策、仕組みなどの面から討議し、提案します。 それにより、トイレ・下水道問題に起因する被災者の健康障害の排除、感染症の予防、「震災関連死」の発生抑制など、被災者の生活・健康条件の整備と安定化に資することとします。同時に、災害時のみならず、平常時においてもトイレ・下水道連携の重要性をアピールし、防災対策や環境保全策に貢献する場とします。

 

■目的

(1)災害時のトイレ事情、現状での対応策、課題と改善策を明らかにする

(2)水洗トイレの代替手段としての災害時トイレメニューをレビューする

(3)被災後の一刻も早い水洗トイレの継続使用を可能にする方策の検討を提案する

(4)マンホールトイレ整備・備蓄状況を明らかにし、改善策と普及策を提示する

(5)避難所、避難場所でのマンホールトイレの整備・普及方策を提案する

(6)災害用トイレの「標準仕様」の策定と認証制度の検討を提案する

(7)災害時トイレ・下水道の学習プログラム(子供向け、成人向け)を提案する

 

■展示予定

災害用トイレ展示(災害用トイレカー、災害用トイレ、マンホールトイレ等の設備、パネル展示)