うんち研究室 - あなたの「腸」は何歳?

 年齢を重ねると人のからだは老化することはご存知だと思います。腸もまた、年齢とともに老化するといえば驚かれるかもしれません。加齢に伴う生理的な老化が、腸の中の老廃物を出す力(腸管運動)にも大きな影響を与え、腸内に有害な腐敗物質がたまりやすくなってくるのです。その結果、便のにおいがきつく、出る量も少なくなり、いわゆる「老人性さい便」といわれる細かい便になってきます。排便後、いつも残存感があって、すっきりしないのも腸の老化に伴う現象の一つなのです。
 さらに、加齢に伴って、腸内細菌の状態も変わってきます。一般に、腸内細菌の10%は大腸菌やクロストリジウムなどの悪玉菌、20%がビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌。残りが善玉菌としても悪玉菌としても働く可能性を持つ日和見菌です。加齢によりこのバランスが崩れ、善玉菌が急激に減少し悪玉菌が増加してくるのです。
 このように腸管運動が鈍くなること、腸内細菌の状態が変化することを「腸年齢の老化」と呼びますが、これによりさまざまな生理機能が低下し、腸内腐敗によってつくられた有害物質が腸管から吸収され、老化がさらに加速するという悪循環が生まれてきます。

腸年齢をチェックしましょう

 「腸年齢チェックシート」を用いて、腸年齢の老化度を測定してみましょう。以下の3つのジャンル23問のうち、合計でいくつ該当しますか?

【生活習慣に関する質問】
トイレの時間は決まっていない
おならが臭い言われる
タバコをよく吸う
顔色が悪く、老けて見られる
肌荒れや吹き出物が悩みの種
ストレスをいつも感じる
運動不足が気になる
寝つきが悪い

【食事に関する質問】
朝食は食べないことが多い
朝食はいつも忙しく、短時間ですませる
食事の時間は決めていない
野菜不足だと感じる
肉が大好き
牛乳や乳製品が苦手
外食が週4回以上

【トイレに関する質問】
息まないと出ないことが多い
排便後も便が残っている気がする
便が硬くて出にくい
コロコロした便がでる
ときどき便がゆるくなる
便の色が黒っぽい
出た便が便器の底に沈みがち
便が臭いと言われる

腸年齢の判定結果は?

チェックが4個以下の人腸年齢=実年齢,腸年齢は若くてバッチリ合格!今の生活続けて。
チェックが5~9個の人腸年齢=実年齢+10歳,腸年齢は実年齢より少し上。でも気を抜かないで。
チェックがが10~14個の人腸年齢=実年齢+20歳,腸年齢はがけっぷち。転げ落ちる寸前です。
チェックがが15個以上の人腸年齢=実年齢+30歳,腸年齢60歳以上。即、快腸になる生活を開始。

 腸年齢の老化を、便の提供者56人を対象にこの「腸年齢チェックシート」を用いて調べたところ、若ければ若いほど腸年齢と実年齢に開きがあることが判明しました。

実年齢腸年齢平均(歳)差(歳)
20代45.7+20~25
30代51.3+15~10
40代54.2+10~15

 さらに、実年齢ではなく、腸年齢によって、腸内のビフィズス菌数を調べたところ、腸年齢が高いほど、ビフィズス菌が少ないという結果も得られました。
 最近は若い人ほど腸年齢が老化し、腸年齢の老化が急速に進みつつあるのです。実年齢と腸年齢が反比例している現実は、生き物としての危険信号といえましょう。

女性の腸年齢の傾向は?

 この腸年齢チェックシートをもちいて、腸年齢と健康意識に関する調査を、東京と大阪の20代~60代の女性600人を対象にして実施しました(第23回ヤクルト健康調査、2007年)。

その調査結果は、
 1.腸年齢が実年齢より若く理想的な人は、全体の38.5パーセント
 2.若い人ほど腸年齢が実年齢より老化している
 3.肥満の人、ストレス過多の人でとくに腸の老化が進行している
 4.腸年齢の若い人が多いのは、「専業主婦」「ストレスの少ない人」「プロバイオテイクスを摂取している人」
 5.腸年齢が若い人ほど、腸の健康を気遣う傾向にある
というものでした。また、腸年齢調査結果と「肌」「脳」の意識についての調査結果によれば、腸年齢が若い人ほど、
 1.肌の悩みは少ない
 2.肌や脳の衰えを感じることが少ない
 3.脳の老化現象も顕在化しにくい
とのことでした。
最後に、腸年齢調査結果とエイジングに関する意識を調べたところ、腸年齢が若い人ほど、
 1.加齢によって失うものより、得るものの方が大きいと考えている
 2.健康状態・体力・気持ち・容姿なども若い傾向にある
 3.プロバイオテイクスの摂取頻度が高い
という結果が得られました。

 これらの結果が示しているのは、腸年齢の若さを保つことこそが、健康長寿への近道である、ということです。そして、プロバイオティクスを摂取しているなど、日常的に腸の健康を気遣い、規則ただしくストレスの少ない生活をしていて、明るく前向きに人生をとらえている人ほど、腸、肌、脳を含めたすべてにおいて若さを保っている傾向にある、ということです。腸内環境を積極的にコントロールする「プロバイオティクス」が注目されているのは、そのためなのです。

<べんは体のバロメーター 子供のべんをチェック>

辨野義己先生プロフィール

独立行政法人 理化学研究所バイオリソースセンター微生物材料開発室長。 農学博士。酪農学園大学獣医学科卒、東京農工大学大学院を経て2004年から現職。35年以上にわたって腸内細菌学・微生物分類学の研究に取り組んでいる。

おもな著書として、「ウンコミュニケーションBOOK」(ぱる出版)、「ヨーグルト生活で「腸キレイ」」(毎日新聞社) 「ビフィズス菌パワーで改善する花粉症」(講談社)、「べんのお便り」(幻冬舎)、「病気にならない生き方で、なる病気」(ブックマン社)などがある。