うんち教室とは?

うんち教室とは、子どもたちと一緒に、トイレやうんちの大切さについて話し合う、究極の総合学習プログラムです。うんちを通して、子どもたちに、自分の健康にもっと興味をもってもらいたい。トイレがなぜ大切か知ってもらいたい。そんな思いをこめて、日本トイレ研究所王子ネピアは、2007年、首都圏の5校の小学校でうんち教室(学校トイレ出前教室)を実施しました。

うんち教室の様子

うんち教室の大きな目的は、安心してトイレに行ける雰囲気づくりをすることです。また、うんちやおしっこは、自分の健康状態を教えてくれる、からだからの“お便り”なので、しっかりチェックすることもすすめています。

教材として用いたのは、1週間分の自分のうんちの状態を記録できる「うんち日記」です。うんち日記には、元気なうんちをするための情報がいろいろと盛り込まれています。また、オガクズ粘土を使った「うんちえんぴつ」づくりも行っています。オガクズ粘土は乾くと木になるので、削ってえんぴつとして使うことができます。世界にたった一つのマイうんちえんぴつが生まれるのです。
以下に、うんち教室のプログラムを紹介します。

[うんち教室のプログラム]
うんち教室のプログラム

もちろん子どもたちは、うんち教室で思いっきり楽しみながら、うんちと健康、そして環境のことを学んでくれました。もっとも身近なものなのに、なかなかまじめに話すことがない「うんち」ですが、うんちを正しく知ることは自分の健康や、環境を考える上でとても大切です。
今回のうんち教室に参加した子どもの保護者の方々から、うれしい声がたくさん寄せられましたので、主なものをご紹介します。うんち教室によって、子どもたちに小さな変化がたくさん生まれています。ここまで変わるとは、私たちもびっくりです。トイレのイメージやうんちに対する見方が変わることはある程度想定できたのですが、いいうんちをするために苦手な食べものを克服できた、というのはすごいと思います。たしかに今の教育は、「食べたものが栄養になる」というところまでがほとんどです。今回の取り組みをとおして、食べたものがうんちになるまでを伝えることがいかに大切かを改めて認識しました。食育とうんち教育という組み合わせ、また、水育や紙育との組み合わせなど、うんち教育は多くの可能性を秘めています。これからも、積極的に活動していきたいと思います。

【元気にトイレに行けるようになった編】

  • 毎朝「ブリンスくんをしてきます!」と言って、トイレに行くようになった。
  • いつもだったら、こっそりトイレに行くのに、堂々とうんちをできるようになった。
  • 最近、うんちの失敗を学校でしてしまい敏感になっていたので、大変役立ちました。
  • ガマンせずにトイレに行くようになった。

【トイレのイメージが変わった編】

  • うんちのことを「嫌だな」「気持ち悪いよ」と言っていたが、教室を終えると「楽しかった」「おもしろかった」に変わった。
  • うんちは汚いものではなく、体にとって重要なものだとわかった。
  • トイレットペーパーも汚れることなくスッキリした気分になった。

【うんちで体調チェックができた編】

  • うんちを見て体調のことを考えるようになった。
  • 日記をつけるため、苦手な野菜を全部食べられるようになった。
  • 自分のうんちがどのうんちか?ということに興味がわいた。
  • 毎日の排便を意識するようになった。
  • こどもの体調を知るためのいい機会である。

うんちえんぴつを作っている様子